« Posts tagged minimum

Eckmiller w68ST ラッキング

スペシャルオーダーで製作した、Eckmiller w68STのラッキング。縦横どちらも使えるよう、出来るだけコンパクトに仕上げました。MR90もこの仕上げが良さそう。

sold

siemens sitral console power amp

siemens sitral console のパワーアンプユニット。フルディスクリートA級動作のトランジスタアンプ!
超弩級の部品構成。A級ならではの繊細で素晴らしい音質。ダイレクトにCDやiPhone,ipodを繋げます。

image image image

sold

JS Line Transformer Type 3

デンマークのJSライン・トランス。緻密で太く非常に美しいアナログサウンド。フィンランドのスタジオでライン・トランスとして使用されていたもの。アンバランス/バランスの変換やCD、PCオーディオのラインに。良質なトランスを通すと、音の厚みが増します。配線によりインピーダンスも幾つか変更可能。

image

 

Studer stereo power amp

パワー・アンプカード1.915.441.00、2枚と電源ユニットを1Uにラッキングされた、スチューダー1980年代のスタジオ用ステレオ・パワーアンプ。4オーム/40W+40W。電源はAC100~240Vまで可変可能。小型スタジオ・モニタやビンテージ・モニタ・スピーカーの駆動に最適です。透明感と解像度を併せ持つ非常に美しい音質。

image

image

image

Neumann Line Transformer

neumann のスタジオモジュールで使われていたライントランス。haufe製。太く繊細なアナログサウンド。先日アップした物と比べて、こちらの方が若干透明度がある感じです。

image

image

image

Lundahl Isolation Line Transformer

Lundahl のアイソレーション・ライン・トランス。1:1 600Ω/600Ωスウェーデン製。高域まで良く伸びる、緻密で太いアナログサウンド。

sold

image

image

image

Neumann Line Transformer

neumann のスタジオモジュールで使われていたライントランス。haufe製。太く繊細なアナログサウンド。

sold

image

image

Potentiometer Unit

image
image
image
image
image
1960年代頃。スタジオコンソールやシアターアンプラックから外されたPotentiometer Unit。RUWIDOの可変抵抗や高音質の抵抗で構成され、中には半固定抵抗のような使い方をされていたものもあります。

minimum system 12

DSC_0074DSC_0077 DSC_0079

iPhone+siemens N224a PSU+telefunken v673 power amp+BAUER Klangfilm

minimum system 11

DSC_9883

iPhone+Unitran Line Transformer+Digital amplifier+Tesla ARO 667

 

LAWOのライントランスカード HAUFE

DSC_8881

haufe ST3135 ライントランスを2個搭載したLAWOのユーロカード。小さな可変抵抗と固定抵抗でゲインを調整できるようになっています。CD-アンプ間はもちろん、デジタルアンプやiPhoneなどにも効果的です。

minimum system 09 SIEMENS v273m

ジーメンス1980年代のシトラルモジュールv273m 。入出力にhaufeのトランスを搭載したトランジスタアンプ。フロントにボリュームがあるのですごく使いやすいアンプです。手持ちのスピーカーと電源、iPodを繋いで完成です。ルックスも格好いい!

minimum system 08 neumann O470

1980年代、neumann O470。Low / Hight ゲインに対応した2系統の入力を持ち、10Wのパワーアンプカードとスピーカーシステムを内蔵するコンソール用アクティブスピーカー(トークバックモジュール)。独立した密閉式スピーカーシステムをマウントする構造になっているため、小音量であればこのままで普通に音楽再生が可能。都市部の狭い住宅環境ではこれで十分と思えてしまいます。しかし10Wも出力があるので小型モニタに引き出して鳴らしてみたくなります。現在、自宅のiPod再生用として活躍中です。

minimum system 07 SIEMENS TALKBACK MODUL

1970年代 ジーメンス シトラル コンソールで使われていたトークバックモジュール。内部にアンプカードとスピーカーが内蔵され、フロントパネルにはヘッドホン端子や切り替えスイッチが設置されています。もちろんこの大きさでは低域の十分な再生は望めませんが、音の定位や解像度は驚異的なものがあります。BGM用ミニマムシステムよりDTMのサブモニター的用途に合っている解像度。iPod用に入手したのですが現在はライントランスを噛ませてパソコン用モニタースピーカーとして活躍しています。フロントに内臓スピーカーをカットするプッシュスイッチもありますので、外部小型モニターに信号を送れるかもしれません。

iPodからのデジタル出力

iPodのオーディオ装置としての可能性。iPhoneのFMラジオやサウンド・ストリーミング アプリなど。音楽を入手するスタイルも日々変化しています。ここはやはり、iPhoneやiPodからデジタルで出力、DAコンバーターでアナログ変換したいもの。

iPodをドッグに繋げば簡単にデジタルデータを抽出できそうな気がしますが、そこはapple。ライセンス製のコマンドを本体に送らなければデジタルサウンドデータは即シャットアウトされるそうです!

そこで必用になってくるのがデジタルアウト用ドッグコネクター。現在発売されているものは、wadia 170i やイギリス、ケンブリッジ・オーディオからの iD100 ぐらいでしょうか。今後、様々なメーカーから発売される事を期待したいと思います。

※2015年現在、iD100は残念ながら製造されていない様です。

 

AES/EBU XLR OUT まで装備する出力端子類。アナログ・アウトもほしい…