klangfilm ビンテージ・ワイヤー

DSC_8894 DSC_8893

クラングフィルムやテレフンケンのアンプ内部配線、スタジオコンソールなどに使われていた1930年代、ビンテージ・カッパー・コア・ワイヤー。コットン+絹巻+エナメル+0.5mm非メッキ銅単線。鈍いゴールドに輝く美しいワイヤー!粘りある中域と抜ける高域。
ビンテージ・ケーブルの音質を決定している要因は、銅の製造方法や材料による純度や質だと言われています。

Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.