flat baffle

スピーカーシステムの基本形態、フラット・バッフル。背面の空気圧制御が掛からない為、コーン紙の動きが軽く、ユニットが持つ特性が素直に現れます。小出力の真空管アンプでも繊細な音までダイレクトに反応するため、ビンテージユニットには最適なシステムだと思います。ユニットの試聴や鳴らし込み、コンデンサーや線材の選択にと、もとても扱いやすい。

現在の構成は、TESLA/1950’ベークド蝶ダンパー+isophon HM 10。ローカットはコンデンサーはRFTのPIO 6uF。コネクタはsiemens計測器用のバナナプラグ+初期タッチェル端子です。

ご興味のある方は、info@module-audio.com までお問い合わせください。




Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.